ご挨拶

いつも山崎英昭の活動をお支えいただき誠にありがとうございます。

山崎英昭は平成30年12月23日(日)投開票で行なわれる
西東京市議会議員選挙において、
4期目を目指して無所属で立候補を致しました。

私は初当選以来一貫して、常に市民の視点に立ち、
政治の道を志した幼い頃からの原点である、
「公平公正な社会の実現」を目指して活動を続けております。

そのために、政党や主義主張の違いを超え、
西東京市と20万市民の「みらい」のために政策実現の核となるべく
「統一会派みらい」を結成しました。
会派代表として議会改革に努め、
しがらみの無い市民の代弁者として、
市長に対しても言うべきことを言い、
是々非々を貫き、市長のためではなく
「市民のために働く議会へ」の取組に全力を尽くして参りました。

この間、国政政党が離合集散を繰り返す中で、私自身も大変苦悩いたしましたが、
「20万西東京市民のために、市民の代表として言うべき事を言い、やるべき事をやるのは何も変わらない」
と無所属での出馬を決意致しました。

そして、これまでのご縁から
「国民民主党」、
「希望の党」、
「桐山ひとみ都議会議員」
から推薦を頂き、都政・国政ともしっかり連携して政策実現に努めます。

この4年間、想像以上に実現できたことも、力及ばず実現できなかったこともありましたが、
ここで市政改革を諦めてはなりません。

山崎英昭は引き続き西東京市の課題を一つでも多く解決し、
「市民のための市政」実現に向け闘い続けます。