田無第二中学校で「ふれあい昼食会」を開催

11月23日(金)、田無第二中学校でふれあいクラブ(谷戸第二小学校通学区域ふれあいのまちづくり住民懇談会)主催の「ふれあい昼食会」が開催されました。

以前はふれあい昼食会でつきたてのお餅を出しており、先輩議員に誘われて餅つきのお手伝いをしていましたが、今年は副会長を務める青少年育成けやき会の担当者として参加しました。

主に受付と記録用写真撮影を担当しましたが、受付は生徒会の5人が準備から受け付け、案内と一生懸命頑張ってくれました。

合唱や吹奏楽部の演奏、お弁当を食べながら中学生との懇親、手品とみなさん笑顔で大盛況でした!

平成30年第4回定例会のお知らせ

西東京市議会では11月16日(金)~12月5日(水)の日程で、平成30年第4回定例会が開催されます。

12月16日告示、12月23日投開票で西東京市議会議員選挙が行なわれるため、
例年より早い日程となっております。

今任期中最後となる山崎の一般質問は、
11月21日(水)午後1時30分~午後2時20分の予定で行われます。

質問項目は、
1 公平で公正な市政の実現について
 (1) 市長の政治姿勢について
 (2) 情報公開・説明責任・市民参加の徹底について
2 西東京市のまちづくりについて
 (1) いつまでも安心して暮らせるまちづくりについて
  ア 地域コミュニティの再構築と市民との協働について
  イ 危険な踏切の拡幅と連続立体交差化の推進について
 (2) 安心して子育てのできるまちづくりについて
  ア 待機児童対策について
  イ 保育園の「落選狙い」について
  ウ 保育・幼児教育の無償化について
  エ 小1プロブレム(小1問題)と幼・保・小の連携について
 (3) 公共施設の緑化と再生可能エネルギーの推進及び電源の確保について
 (4) 小・中学校の体育館への空調設備の設置について
 (5) 福祉避難所の整備状況について
 (6) 東大農場(東大生態調和農学機構)について
 (7) 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて
 (8) 観光・シティプロモーションと姉妹・友好都市等の自治体間交流について
を通告しております。

どなたでも傍聴できますので、
お時間のご都合がつく方はぜひとも田無庁舎に足をお運び下さい。

また、インターネット中継も行っておりますので、ぜひご覧下さい。

http://www.kensakusystem.jp/nishitokyo-vod/index.html

母校・明保中学校開校40周年記念式典

11月6日(火)、母校でもある明保中学校開校40周年記念式典に参加しました。

午前中に田無庁舎で会議の後、実家によってから、
久しぶりに3年間(隣の東小時代も入れると9年間)通った道を歩いて明保中に向かいました。

当時の通学路は新しくできた市道に分断されており、途中の家屋もかなり建替えられていますが、改めて学校に向かって歩いてみると懐かしさが込み上げてきます。

明保中は保谷市で第5番目の中学校として、当初は現在の住吉小で開校し、昭和58年に現在地に移転しました。

当時、毎日小学校の廊下の窓から自分たちが通う学校が出来上がっていくのをわくわくして眺めていました。

5年生の時に校舎は完成し、旧校舎から新校舎へと在校生が自分のいすを持って歩いて行く様は、小学校でもかなりの話題となりました。

新校舎となって初めての新入生となった一つ年上の姉は、そこに関しては少しうらやましかったですが、
とはいえピカピカの校舎はお隣の文理台公園と一体となった柵の無い学校として多くの視察対象ともなっていて、
誇らしく嬉しかったです。

30年経った今でも廊下はピカピカに光っていて愛情を込めて使用されているのが伝わってきました。

現教育長も明保中の歴代校長先生であり、式の後、矢野校長先生と共に少しお話をさせて頂きました。

第二次ベビーブーム世代の私達が在校時は一学年5クラスで200人ほどでしたが、現在は新入生が毎年90~120人程で学校運営や教育上適切だと思うとの事でした。

式の最後で久しぶりに校歌を歌ったときには懐かしさで胸がいっぱいになりました。

再来年には姪が明保中に入学する予定なので、また校歌が聴けるのを楽しみにしたいと思います。

田無第二中学校開校60周年記念式典

11月2日(金)、田無第二中学校開校60周年記念式典に参加しました。

旧田無市で人口増に伴い二番目の中学校として開校して、人間で言えば還暦に当たる60周年と言うことで、歴史と伝統を育みながら地域で大切にされてきた学校への想いを感じさせる良い式典でした。

出席者の中には青少年育成会等で日頃から顔なじみの方々も多く、地域とのつながりを感じました。

明治大学校友会西東京市地域支部BBQ

毎年恒例の明治大学校友会西東京市地域支部BBQがいこいの森公園で開催され、家族で参加してきました。

先輩方はみなさん大変お元気で、様々なお話もさせて頂き、楽しい時間を過ごすことができました。

一つ一つのご縁を大切にして、様々なご意見を市政に反映して参りたいと思います。

「子供110番ピーポ君の家」中部グループ担当者会議

10月11日(木)、田無庁舎の会議室で開催された「子供110番ピーポ君の家」中部グループ担当者会議に、青少年育成けやき会の担当者として出席しました。

「子供110番ピーポ君の家」とは、
警視庁のHPによると、
「子ども110番の家」活動は、自治体やPTA等が中心となり地域ボランティアによって、活発に行われています。
「子ども110番の家」は、子ども達が危険に遭遇したり、困りごとがあるとき安心して立ち寄れる民間協力の拠点として、各種被害防止の面からも有効であることから、より多くの方に参加していただき、多くの立場から子ども達の安全を見守っていただきたいと思います。
(警視庁HP:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/kodomo/kodomo110.html)
以上のような説明の通り、西東京市においても保護者が中心となり育成会や地域と協力して子ども達の安全のために活動が行なわれています。

学校によってマップの作り方や同意書、その保存方法なども違い、それぞれの課題について直接持ち寄って意見交換ができて大変有意義な会議となりました。

「子供110番ピーポ君の家」が実際に利用されるケースはほとんど無いようですが、日頃の取組が地域の防犯力を高める為に重要であり、ボランティアで取り組まれているみなさんの活動にしっかりと光を当てて、行政と地域の連携、地域力の向上に繋げていきたいと思います。

Top